日本語で学ぶ Learning in Japanese[1]

【著者】内藤 邦彦(バンクーバー日本語学校) 日本経済の発展にともない,多くの日本人とその子どもたちが海外で暮らすようになっています。海外で暮らす義務教育段階の日本人の子どもは6万人前後と見られていますが,その子どもたちが日本語で学ぶことができる学校には大きく分けて,日本人学校,補習授業校(補習校),日本語学校の3種類があります。それぞれの学校の教育目的や教育内容などについて数回に分けてご説明します。第1回は日本人学校について。【Tags】海外子女教育,日本人学校,補習授業校,補習校,日本語学校,教育目的,教育内容,日本語教育,日本文化教育,文部科学省

日本語で学ぶ Learning in Japanese[2]

【著者】内藤 邦彦(バンクーバー日本語学校) 補習授業校は,日本人の子どもが現地の学校や国際学校(インターナショナルスクール)に通学しながら,土曜日や放課後などを利用して学ぶための施設で,日本国内の小学校・中学校の一部の教科について日本語で授業が行われます。昭和33年(1958年)に米国のワシントンに設立されて以来,世界55カ国,201校の補習授業校が設置されており,約1万7千人の子どもたちが学んでいます。【Tags】海外子女教育,日本人学校,補習授業校,補習校,日本語学校,教育目的,教育内容,日本語教育,日本文化教育,文部科学省

日本語で学ぶ Learning in Japanese[3]

【著者】内藤 邦彦(バンクーバー日本語学校) 日本語学校とは,ひとくちでいえば日本語を学ぶための学校です。すべての日本語学校で日本語を教えています。ただし,日本語を教える方法にはそれぞれの学校の独自性が表れているため,日本語学校での教育内容や教育方法をひとまとめにお話しすることができません。なぜ独自性が強いかといいますと,この日本語学校というのは日本の文部科学省が管轄する学校ではなく,また現地の公立校でもない,私学や私塾であるからです。【Tags】海外子女教育,日本人学校,補習授業校,補習校,日本語学校,教育目的,教育内容,日本語教育,日本文化教育,文部科学省

日本語で学ぶLearning in Japanese[4]

【著者】内藤 邦彦(バンクーバー日本語学校) 日本を離れ海外でお子さまが日本語の学習を進めるとき,多くのご家庭で日本語学習の継続が難しくなる状況が起きます。そのような場合,子どもに日本語を学ばせたいというお気持ちを保護者の方がしっかり持っているかどうか,またそのお気持ちの上にお子さまに暖かな励ましと手助けをなさるかどうかが,お子さまの日本語学習継続の分岐点となります。そして,子どもに日本語を学ばせたいというお気持ちを保護者の方がしっかりお持ちになるためには,日本語を学ぶ意味を保護者自身がよく理解されることが大切なのです。【Tags】海外子女教育,日本人学校,補習授業校,補習校,日本語学校,教育目的,教育内容,日本語教育,日本文化教育,文部科学省,日本語を学ぶ意味

error: Content is protected !!