算命学の泉 San-Mei-Gaku Divination[1]

【著者】尾崎光越 算命学というのは,年と月と日の干支に基づいて森羅万象のゆくえを予知する占いであり学問です。今回は基本である運命と宿命についてお話しします。運命や宿命という言葉は日常的に頻繁に使われており,これらを絶対的なもの,変えようのないものというイメージでとらえていらっしゃる方も多いと思います。これは運命も宿命も同じ意味と考えていらっしゃるからですが,これらは互いに深い相関関係にありながらも,それぞれ別の意味を持つもので,運命と宿命は異なるものなのです。【Tags】算明学,占い,干支,運命,宿命,宿命の個性,意志,考え方,我

指圧の真髄 The Quintessence of Shiatsu[1]

【著者】池永 清(Canadian College of Shiatsu Therapy) この度,指圧について解りやすく説明をしてほしいとのご依頼をいただきました。指圧を少しでも多くの方に知っていただけることは大変嬉しいことです。そこで,指圧が日本独自の安全な医療行為であり,幅広い効果をもたらすものであることを皆様にお知りいただくために,指圧の定義や意味,そして方法を簡単に述べていきたいと思います。今回は第1回として,指圧誕生の経緯と歴史をエピソードなどを取り混ぜながらお伝えすることにします。【Tags】指圧,shiatsu, 医療,民間療法,浪越徳治郎,命の泉,GHQ,民間療法の整理,指圧の社会的認知,日本指圧学院

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[1]

「食べ慣れた味」「母が作ってくれた家庭料理の味」は簡単には忘れられません。日本で育った方ならば,海外にいても和風の味付けが無性に恋しくなるときがあるでしょう。太平洋戦争中に敵国民として迫害されたカナダの日本人移民(日系一世)は,子どもたち(二世)にカナダで生きていくためにカナダ文化を身につけること,言葉も日本語ではなく英語を話すことを教えましたので,日系二世・三世の方たちは親から日本文化を十分に承継することができなかったのですが,例外がひとつ。彼らも家庭では母親の和風の味付けで育てられましたので,和食文化はしっかり受け継ぐことができたのです。ですから日本語は話せなくても日本食は大好きという日系二世・三世はとても多いのです。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,日系,一世,二世,三世,和食文化,承継,母親の味

指圧の真髄 The Quintessence of Shiatsu[2]

【著者】池永 清(Canadian College of Shiatsu Therapy) 日本が第二次世界大戦に敗れたことで,指圧を含む当時の民間療法は厳しい時代を迎えることになりました。それまで,日本の民間療法は所轄警察署へ届け出ることで開業できたのですが,それが制限されたのです。政府はGHQの主導により『あん摩,はり,きゅう,柔道整復等営業法』の制定に踏み切りました。この法律によれば,指圧その他の民間療法は8年間の営業許可猶予期間の後,国会審議により禁止させるという方針が決められました。この8年は正に試練の時でした。徳治郎は8年後の法改正の時までに指圧をあん摩や,はりや,きゅうとは異なる独自の治療法であることを社会に認めさせなければならなかったからです。【Tags】指圧,shiatsu, 医療,民間療法,浪越徳治郎,命の泉,GHQ,民間療法の整理,指圧の社会的認知,日本指圧学院

算命学の泉 San-Mei-Gaku Divination[2]

【著者】尾崎光越 変えることが難しい宿命とは何かというと,「人は死ぬ」というような免れられない事実や,人種や両親の選択,生まれたときの国籍,性別,きょうだいの中の位置関係,両親から受け継いだ遺伝子など,自分で選択出来ないものを意味しています。しかし,宿命の中には性格や感覚や素質や考え方の傾向などのように,それ自身の質を変えることはできませんが,表現や行動の仕方を自分の意志や考え方で変えることが出来るものもあるのです。運命を創る半分とはこの意志や考え方に基づいた行動なのです。【Tags】算明学,占い,干支,運命,宿命,宿命の個性,意志,考え方,我

算命学の泉 San-Mei-Gaku Divination[3]

【著者】尾崎光越 私たちは誰しも宿命という本性の中に「我」を持っています。「三つ子の魂百まで」というように,小さい時に「我」が強いひとは歳老いるまで「我」が強いまま生きます。しかし,「我」が強くても強くなくても,人間の基本的な要求は「我」から出発しています。あるひとは「我」を通そうと喧嘩をしたり,口論をしたり,相手をののしったりもします。また,あるひとは「我」を通そうとひとを騙したり,嘘をついたりします。子どもは駄々(だだ)をこねたり,泣いたりして「我」を通そうとします。【Tags】算明学,占い,干支,運命,宿命,宿命の個性,意志,考え方,我

算命学の泉 San-Mei-Gaku Divination[4]

【著者】尾崎光越 宿命とは自らに備わっている本質です。初めから本質が解っていたら苦労はしません。それが解らないからこそ占い師の仕事があるともいえるのですが,すべてのことを占い師に決めてもらっても,決して良い運命はもたらされません。何故なら,運命は自分で切り開くものだからです。占い師なしでどのように自分の宿命を知ることができるのでしょうか。それには,先ず自分の人生は自分の責任で生きるという姿勢が大切です。そして,自分を知ろうとする心構えが必要です。いたずらに他人の生き方にあこがれて真似をするのではなく,自分のもつ力を生かそうとする意欲を持つことです。【Tags】算明学,占い,干支,運命,宿命,宿命の個性,意志,考え方,我

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[2]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回より普段の食事に使える実用レシピをご紹介します。市販の料理本にはないような,家の冷蔵庫の中やお台所にいつも常備している食材を使って,とっても簡単で美味しい料理ができるレシピです。とびっきりのご馳走ではありませんが,日常の食事作りに活用していただけましたら嬉しいです。第1回の食材は豚肉で,「豚肉のガーリック味噌焼き」と「豚肉ともやしのサラダ」をご紹介します。薄切りがなければ厚切り肉を斜めにカットするか,細く千切りにすればOKです。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,豚肉,味噌焼き

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[3]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材はきゅうり。「鮭ときゅうりのまぜごはん」と「ツナときゅうりの和風パスタ」の二品をご紹介します。日本のきゅうりは細くてパリッとしておいしいのですが,こちらで手に入るロング・イングリッシュ・キュウカンバー(Long English cucumber)でも十分に代用できます。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,きゅうり,ツナ,パスタ

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[4]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「残りごはん」です。日本人ならやっぱりごはんですよね。カナダでも幸いにカリフォルニアからのお米が手に入るので嬉しいことです。炊きたてでなくても,冷蔵庫に残っている冷やごはんで作れる,とっておきのレシピ「ごはんピザ」と「にんにくチャーハン」をご紹介します。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,残りごはん,ごはんピザ,にんにくチャーハン

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[5]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「鶏のひき肉」です。鶏ひき肉が手に入らないときは turkeyの挽き肉でも代用できます。ヘルシーで栄養豊富な鶏ひき肉使った簡単レシピをふたつご紹介します。寒い日はぽかぽか温まる「鶏団子なべ」。冷蔵庫にある野菜や白身魚,肉団子を入れます。残り汁で作るぞうすいはまた格別! 「鶏そぼろ丼」はお弁当にも最高です。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,鶏ひき肉,鶏団子なべ,鶏そぼろ丼

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[6]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「お豆腐」です。良質な大豆たんぱくが豊富に含まれる健康食品のお豆腐を使ったお料理はいかがでしょう。湯豆腐,冷や奴もおいしいのですが,少し手間をかけるだけで,お豆腐も立派な料理になります。「コロコロ揚げ豆腐」と「豆腐のステーキ」のレシピをご紹介します。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,豆腐,コロコロ揚げ豆腐,豆腐ステーキ

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[7]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「こんにゃく」です。食物繊維たっぷりの健康食品ですので,たくさん食べて腸をきれいにしましょう。少しの手間でおいしく召し上がれる簡単レシピをふたつご紹介します。「こんにゃくの味噌炒め」と「こんにゃくのくずもち風」です。ぜひお試しください。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,こんにゃく,こんにゃくの味噌炒め,こんにゃくのくずもち風

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[8]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材はさんま(秋刀魚)です。生ものが入手できる場所は限られていますが,冷凍物ならはスーパーでも比較的手に入りやすい食材です。手軽でおいしいさんま料理として「さんまの竜田揚げ」と「さんまのトマト煮」の二品をご紹介します。ぜひお試しください。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,さんま,秋刀魚,竜田揚げ,トマト煮

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[9]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「あぶらあげ」です。日本食材のお店に行けば生ものと冷凍物が手に入ります。生ものも冷凍すれば日持ちしますので,冷凍庫に常備しておきたい一品です。今回はこの「あぶらあげ」を使ったレシピを二品「焼きあぶらあげ」と「白菜・春菊とあぶらあげの煮びたし」をご紹介します。お味噌汁やおいなりさんの他に,こんな食べ方はいかがでしょう。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,あぶらあげ,焼きあぶらあげ,煮びたし

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[10]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「豚肉」です。寒いときには風邪の予防にタンパク質をとるとよいですね。今回は良質なタンパク質が豊富に含まれる豚肉のお料理を二品ご紹介します。「焼豚どんぶり」と「豚肉の味噌炒め」です。ぜひお試しください。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,豚肉,焼豚どんぶり,豚肉の味噌炒め

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[11]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「キャベツ」です。キャベツ本来の旬(しゅん)は春で,春キャベツは柔らかくておいしいのですが,今ではキャベツは年間を通して手に入ります。カナダのキャベツは日本のものよりも少し硬いのですが,工夫すればおいしく召し上がれます。今回も簡単レシピをふたつご紹介します。「キャベツのさわやかコールスロー」と「超簡単ロールキャベツ」です。お試しあれ。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,キャベツ,コールスロー,ロールキャベツ

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[12]

【著者】蔭地 宏美(Sushi Plus Restaurant) 今回のメイン食材は「ひき肉」です。ビクトリアでは牛,豚,鶏のほかにも,いろいろなひき肉が手に入りますね。おいしい簡単レシピをふたつご紹介します。「肉団子」と「ピーマンの肉詰め」です。このレシピでは豚肉が一番合うと思いますが,他のひき肉でも試してみてはいかがでしょう。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,ひき肉,肉団子,ピーマンの肉詰め

カナダにいても和風献立 Japan taste recipe[13]

今回のメイン食材は「大根」です。最近はカナダのスーパーでも大根が手に入るようになりました。日本の大根ほどおいしくないのが残念ですが,根菜類は身体を保温するといわれています。こんなお料理で厳しいカナダの冬を乗り越えましょう! ご紹介するレシピは大根を使った「お野菜大集合スープ」と「大根のステーキ」です。【Tags】和風献立,和食,日本食,味付け,うまみ,和食文化,大根,野菜大集合スープ,大根ステーキ

error: Content is protected !!